彼女の口臭を指摘するための伝え方と口の臭い対策

彼女の口臭を指摘するときの伝え方と口の臭い原因

彼女に口臭があるこを指摘する伝え方 
彼女の口臭を指摘したいけど傷をつけずに伝える方法はないでしょうか?

 

との事です。

 

彼女とお付き合いをして4年ぐらいになりますが、特にキスをするときにそれが良く分かるとのことです。

 

最初は気のせいだと思ったけど毎回同じような臭いを感じるようです。

 

そのことを伝えようとしても、いざその場面になるとやはり臭いのことなので、勇気がなくなってしまうとのこと!

 

将来は結婚も考えているので、結婚をしてもこのまま安心して生活ができるのか不安もあり、友達に相談するには相談ができずどうすればいいのかとても悩んでいます。

 

結論をいうと傷をつけない完璧な方法は存在しませんが、傷を浅くする方法はあることになります。

 

誰でも臭いのことは男女に限らず指摘されると少なからず精神的なダメージ受けるものですが、限りなく負担にならない伝え方になります。

 

このような悩みは逆のケースが多いのですが、今は男性もあまり喫煙する人も減ってきたせいなのか嗅覚が優れている人が多いといえます。

 

本来は女性の方が優れているのですが、どちらにしても臭いは気になるものだと思います。

 

どのような指摘すれはいいのかお伝えします。

 

 

彼女の口臭を指摘するとき体調を気遣いワンクッション入れる!

彼女に口臭があることを指摘するときはワンクッション入れるといい 
彼女さんの口臭を指摘するときに注意しなければいけないので「口が臭い」ストレートに伝えないことです。

 

男性の場合はどうしても結論ありきになるので、最初にストレートに伝えてしまう人が多いので注意が必要です。

 

仕事でも何でも時間のない中にいるので、結論を話してからその内容を伝えようとする傾向にありますが、女性の場合は結論がないような話し方をするのでそれに合わせる、またその方が伝わりやすくなり傷が深くなりづらくなります。

 

伝え方は最初に体調を気遣うところからスタートです。

 

キスをした後でもいいので「今日、体の調子悪くない?具合悪くない?」など話しのキッカケを作ります。

 

そこで彼女が「どうして?」と聞いてくると思うので、「今日少しだけ口に臭いを感じたから」と伝えます。

 

ポイントは「今日」「少しだけ」この2つの言葉がポイントになります。

 

今日と伝えないと今まではどうだったのか気になってしまいます。

 

ここを気にしてしまうと今まで我慢させていたことが傷を深くしてしまいます。

 

気持ち的には今まで何も感じなかったけど今日だけ何か変化を感じた、とう気持ちです。

 

あくまでも口臭の改善をしてほしいという事が前提ではなく、相手に気がついてもらうとうキッカケ作りだからです。

 

最終目標は口の臭いの改善になりますけど、その前に本人が自覚しないと行動に移すことができません。

 

彼女に口臭があることを伝えるときは今まではしていなかったことを意識してい下さい。 
今までの事は彼氏の胸の中に納めておくようにして下さい。

 

そのため「今日」という言葉が必要になります。

 

そして「少しだけ」も同じです。

 

ここの気持のイメージとしては、とても小さなことだけど何かを感じる、ぐらいのイメージです。

 

ハッキリとしないような、ハッキリとしているような、あやふやな状態です。

 

もしかすると気のせいかもしれない」ぐらいの感覚です。

 

「少し」と言葉を添えるだけでもかなり相手に負担を与えないで済みます。

 

流れをまとめると「体調悪くない?」→「どうして?」→「今日少しだけ口に臭いを感じる」→「えッ本当!」となればいいと思います。

 

もう付き合って4年になるのであれば言葉を入れないで、おでこにそっと手を当てみるところからスタートしても効果的だと思います。

 

相手のおでこに手を当てるのは「もしかするとカゼかもしれない」という意味です。

 

おでこに手を当てられて彼女は「どうしたのだろう」と疑問を持つはずなので「どうしたの?」と聞いてくるはずです。

 

そこで、体調悪くない・・・と続けていけばいいと思います。

 

さらにワンクッション入れるのであれば「寒くない?」と聞いて、相手が「寒くない」と答えたら確認をする意味のように、おでこに手を当ててからでもいいと思います。

 

口臭より体調の方に意識をしてもらうことでストレスが分散します。

 

相手のために男優さんになったような気持ちでするといいかもしれません。

 

 

彼女の口臭を指摘する前にある程度の臭い原因を把握しておく!

彼女に口臭があることを伝える前に自分が口臭の原因を把握しておく 
できれば口臭の原因をある程度、把握しておくことで行動が早くなります。

 

口の臭い原因は2つあることになります。

 

口腔内と体内です。

 

簡単にいうと口腔内からの臭いの可能性は舌か臭い玉、この2つぐらいぐらいに絞られてきます。

 

歯周病や虫歯も臭い原因にならないことは、ないのですが可能性としてはかなり低いものになってくるからです。

 

女性にドライマウスとう口腔内が渇きやすい人が多く、唾液の分泌が弱い人が多くいます。

 

口が渇くということは唾液が減っているとうことなので、口の中の臭い菌を増やしてしまうことになります。

 

この場合はタブレットなどで対処することができます。

 

その臭い原因と「臭い玉」です。

 

膿栓といって扁桃腺にできる丸い白い玉のことです。

 

これは耳鼻科で確認や取ってもらうことができるので、病院で取ってもらうよういして下さい。

 

膿栓は扁桃に菌が多く通ることで反応するためにできやすくなります。

 

口呼吸などで口で呼吸することや部屋にあるチリやホコリ、そして空気の悪さです。

 

部屋の掃除も予防になります。

 

ただ、膿栓の場合はアレルギーのように扁桃が反応してしまう人がいるので、この場合は免疫と深い関係にある腸内の環境が影響している人が多いはずです。

 

そして女性に多いのが口の中ではなく体内から発生する口臭の原因で胃腸内です。

 

胃腸は連動していて、どちらかの働きが悪くなるともう片方が影響を受けやすくなります。

 

胃に元気がないと腸もその影響を受けて、逆に腸の働きが悪いと胃に影響を与えるような感じです。

 

胃腸に元気がない場合は未消化になりやすく、それが胃腸内に残ることで口からの臭いが強くなります。

 

口の臭い原因はたくさんありますが可能性の高いものから対処していけばいいと思います。

 

もし彼女が自覚できたら、何気なくサプリメントなどもプレゼントしてあげてもいいと思います。

 

そちらの方が改善は早いです。

 

今の男性は女性の口臭が気になる人が多くなっていると感じる今日この頃です
(>_<)

 

 

関連ページ

関連ページ

関連ページ


関連ページ

関連ページ


スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 口のトラブル 口臭対策 体臭対策