ドライマウスで口臭と舌苔がひどくなる女性の改善方法

ドライマウスで口臭と舌苔がひどくなる女性の対処方法

ドライマウスと口臭と舌苔を改善する方法について 
ドライマウスが口臭と舌苔に影響する原因と対策についてです。

 

ドライマウスといっても、その人によって強さが違い、やや乾燥している、すごく乾燥している、その人によって強弱が違うことになります。

 

これらをまとめてドライマウスとも呼びますが、ひどくなることで口腔乾燥症という病名がつくようになります。

 

そこまでいくと話すことや食べることが大変になって、日常生活を苦しいものにしてしまいます。

 

女性に多い症状で病気の場合は、国で指定難病の扱いになっています。

 

病名がつくところまでいくと治すことが大変で、治療法がまだ確立されていないことになります。

 

男性ではなく女性に多いということで気になる人もいると思いますが、この口の乾燥が原因で舌苔がつきやすく口臭の原因にもなってきます。

 

今回は、この2つの臭い原因と対策についてお伝えします。

 

 

ドライマウスで口臭と舌苔がある女性は唾液の分泌を良くさせる!

ドライマウスを良くさせるための方法と口臭と舌苔について 
ドライマウスで口臭と舌苔が多くつくのは、唾液の不足によるものなので、その唾液の分泌を良くさせる方法についていくつかお伝えします。

 

最初に咀嚼の回数を増やす方法です。

 

咀嚼は食べ物を食べたときの噛んだ回数のことをいいますが、この回数を増やすことで唾液の分泌を促すことができます。

 

620回、この数字は現代の人が1回の食事で咀嚼する回数です。

 

時代によって変化していて、弥生時代で4000回、鎌倉時代で2500回、江戸時代で1400回、そして今が620回です。

 

1食に咀嚼する回数が著しく減っていることが分かると思います。

 

食生活が硬いものから柔らかいものに変化していて、それに合わせるように咀嚼する回数も減っています。

 

目安としては1口で30回です。

 

30回噛むことで唾液もたくさんでてくるし、口の中で細かく砕くことで、胃に負担を与えることがありません。

 

胃からくる口臭の対策にもなるので咀嚼はおすすめです。

 

そしてよく噛むことで食欲を抑えることもできるので、ダイエットなどの効果もあることになります。

 

ドライマウスの別な対策をしていたとしても有効なので、合わせて実践してみて下さい。

 

次に実践したいのが口呼吸の対策です。

 

ドライマウスということは口が渇きやすくなっているので、この少ない唾液を減らさないためにも鼻で呼吸をする訓練です。

 

口呼吸になってしまうのは花粉症などの鼻炎に関係することがキッカケになり、鼻づまりをさせることや、口周りの筋肉の低下などで口呼吸になってしまう人がいます。

 

それと寝ているときです。

 

寝ているときに口呼吸になりやすく口臭の原因にもなる 
肥満で酸素の取りこむための気道が狭い、口に筋力がない、となると寝ているときに自然に口が開いてしまい、口を乾燥させてしまうことになります。

 

寝ているときは、唾液の分泌自体が日中と違い減ってしまうために、そこに口呼吸がプラスされると、さらに口臭や舌苔もひどくなります。

 

肥満は先ほどの咀嚼の回数を増やすことでも対策になるので、それと一緒に口の筋力も鍛えてみて下さい。

 

簡単な体操で鍛えることができるので実践です!

 

やり方は簡単で「あ・い・う・べ」と1回1回、口を大きく開けて発音することで口の筋力を鍛えることができます。

 

目安はないので口が疲れたらやめるで大丈夫です。

 

無理をしないようにして下さい。

 

二重アゴやほうれい線の対策にもなります。

 

そして唾液を促すマッサージです。

 

耳裏からアゴにかけてマッサージをすることで唾液が促される 
耳の裏からアゴのラインをたどって軽くマッサージをするようにします。

 

唾液には2つの種類があってサラサラした唾液とネバネバした唾液に分かれます。

 

サラサラした方はアゴの下あたりから分泌されていて、ネバネバした方は耳の裏あたりから分泌されています。

 

この2つが合わさって、唾液がでてくることになるので、耳の裏とアゴのライン、またはアゴ下をマッサージすることで、唾液の分泌を促す効果があります。

 

後は口臭の原因にもなる舌苔ですが、その対策に舌ブラシを使用することも対策として成り立ちますが、回数を決めて使用するようにした方が無難になります。

 

舌の表面は粘膜で覆われているためです。

 

粘膜は鼻の中、陰部、肛門など大事な場所にありますが、外部から菌などをよせつけないための役割をしています。

 

舌ブラシで毎日のようにこすってしまうと、その粘膜がはがれ余計に舌を汚してしまうことになってしまいます。

 

1ヵ月に多くても4回ぐらいが目安になると思います。

 

 

ドライマウスで口臭と舌苔がひどくなる原因について

ドライマウスになる原因と口臭と舌苔の関係 
女性にドライマウスが多くなるのは、唾液の分泌をコントロールしている自律神経というものに作用する、女性ホルモンの影響が大きいといえます。

 

この自律神経と女性ホルモンの2つは脳の同じ場所から命令されて働いています。

 

女性の場合は月経、妊娠、更年期に女性ホルモンが乱れやすく、その影響から自律神経にも作用して唾液の分泌が弱くなると考えられます。

 

口の乾燥、自律神経失調症、更年期障害、男性にも見られますが、ほとんどが女性に傾きます。

 

そのようなことから唾液の分泌が弱くなり、口に菌が多くなることで舌苔や口臭へとつながります。

 

口にはたくさんの菌がいる 
口には400種類ぐらいの菌がいますが、臭い発生させている菌と舌を汚している菌は別物になります。

 

舌には多くの菌がいますが、臭いを強くさせるのがフゾバクテリウム、バクテロイデスなどの腸内細菌と同じ菌です。

 

舌を白くみせるのはカビの仲間の菌になります。

 

そのようなものが舌に溜まることで、舌を白くさせ口の臭い原因になってきます。

 

その菌をコントロールしていたのが唾液に含まれるラクトフェリンやリゾチームという抗菌成分です。

 

唾液が口の中から減ることで、抗菌成分が減るので、そのような菌が増えてしまうということです。

 

口の乾燥や口臭、舌苔を早期に改善したいということであれば、便利なサプリメントもありますので参考にして下さい。

 

舌苔はすぐに取れますよ!

 

スポンサードリンク


関連ページ

口が変な味がする女性に多い口腔内の原因と解決方法について
口が変な味がする女性に多い口腔内の原因と解決方法についてです。口の中が変な味がするのは色々な原因がありますが味を感じる味蕾細胞が正常に働いていないことで起こります。どのような改善方法があるのか実際に完治させた人の方法などもお伝えします。
女性の口のねばつきを解消する方法と口臭の原因
女性の口のねばつきを解消する方法と原因のまとめです。女性で口の中がネバネバするという人も多く、歯磨きやリスティンなどのマウスウオッシュを使用しても解消されない人が多いようで、口臭もするようです。今回はその原因と改善方法などをまとめています。
臭い玉による口臭の改善方法がある!女性の口の臭いと膿栓
臭い玉による口臭の改善方法がある!女性の口の臭いと膿栓についてです。臭い玉を取ってもすぐにできてしまう人がいます。その予防と改善方法についてお伝えしています。対策する方法もとても簡単なのですが臭い玉の本質を知ることで改善が早くなります。
息がサビ臭い感じがする原因と女性の口の中のトラブルについて
息がサビ臭い感じがする原因と女性の口の中のトラブルについて。どうも息がサビ臭い感じがするという人がします。口臭でもないような感じだけど違和感があって病気ではないのかと不安になる人もいると思います。どのようなことが原因なのかお伝えします。
ジンジバリス菌のケアについて!女性の歯周病を対策
ジンジバリス菌のケアについて!女性の歯周病を対策。歯周病菌の代表菌がジンジバリスです。この菌が増えるとハグキの炎症だけではなく体の中まで侵入して血栓を作ったり、肝臓などの細胞も破壊していきます。どのようなケアと対策がるのかお伝えします。
ジンジバリス菌の対応に歯磨き粉で女性におすすめのもの
ジンジバリス菌の対応に歯磨き粉で女性におすすめのものを紹介です。ジンジバリス菌というのは歯周病菌のことを指しますがこの菌に対応した特殊な歯磨き粉を厳選して紹介しています。女性に多い病気ですがしっかりとしたケアをすることで予防対策ができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 口のトラブル 口臭対策 体臭対策