30代女性の体臭と活性酸素による臭いの影響について

30代女性の体臭は活性酸素で体の臭いが強くなる?

活性酸素と体臭の関係 
体臭と活性酸素の関係についです。

 

「体の臭いがきつい」このようなケースは体内から発生する臭い原因で、その臭いと深い関係があるのが活性酸素とう物質です。

 

夏場のように汗をたくさんだして、皮膚に雑菌が沸いて体から臭うのとは少しというか全く別物の臭い原因になります。

 

汗を放置することで臭うのは、誰でもあり得ることになりますが、臭いが強くなる、または油臭いやアンモニアのような臭いがするというのは皮膚に雑菌が沸いて発生する臭いとは異なります。

 

少し違いますが「加齢臭と同じ」と思うと分かりやすいと思います。

 

体から強い臭いが発生するのは、体をキレイにすると改善される臭いではないということになります。

 

次の日も同じ臭いがでることになりますが、そのような体臭は体の体質的なものが原因になります。

 

今回はその臭いと活性酸素との関係についてお伝えします。

 

 

30代女性の体臭と活性酸素との深い関係について!

活性酸素が体臭を強くさせる理由について 
活性酸素と聞くと良く分からないようなものに聞こえてしまいますが、普通の酸素が変化したものがこの酸素の特徴になります。

 

酸素は通常、2つのものがペアとなって存在していますが、この2つが離れると不安定な酸素に変化します。

 

この不安定な酸素を活性酸素といいます。

 

そのように変化することであらゆるものをサビさせていく力の強い酸素ができるということです。

 

鉄もサビさせ、油もサビさせ、食べ物もサビさせ、体もサビさせることになります。

 

このサビを酸化といいますがその酸化力のある酸素になります。

 

体の中でなぜこのようなものが発生するのか?

 

ということですが、外部から細菌やウイルスが侵入してきたときに、この酸化力のある酸素を利用して免疫系が発生させることになります。

 

酸化が強いので細菌やウイルスをやっつけるのに役立つことになります。

 

外部から何らかの侵入を防ぐための役割を果たします。

 

ただ、酸化力があるので、そのままにすると他の細胞にも影響を及ぼしてしまうので、それを消すためのものが人間にそなわっていますが、その消すものが減少することで体の中に溜まるようなイメージです。

 

そうなると食べ物が消化されて栄養分が血液を通して全身に栄養を運びますが、その栄養分までも酸化させてしまうようなことになります。

 

正確には汗や皮脂となる成分が酸化されることになりますが、すでに体内で酸化されたものが外にでてくることで強い体臭や異質な臭いへと変化させます。

 

外で酸化が進んで臭いがでているのではなく、すでに体内で古い油のような状態のものが出来上がっていることになります。

 

この時点で臭いはありませんが、皮膚上に染み出ることで菌が分解して体臭が発生するような仕組みです。

 

分かりやすくすると新鮮なものが皮膚上にでてくるのか、それともすでに古いものがでてくるのかで体臭の強弱が変わることになります。

 

皮膚にいる菌が古いものを分解するのと、新鮮なものを分解するのでは臭いに違いが生まれることになります。

 

わきがも同じことで、通常より体内から臭いを発生させるものが濃くでることでワキの臭いが強くなります。

 

サビ物質、活性酸素が体内で多く発生することで、臭いに影響を与えることになります。

 

 

30代女性の体臭!活性酸素が発生する原因と改善方法は?

活性酸素を除去して体臭を改善させるには抗酸化食品 
この活性酸素がなぜ発生するのかは原因が多すぎて一言では、伝えきれないくらいの内容になります。

 

ストレス、紫外線、排気ガス、アルコール、タバコなど一例ですが、体に害になるようなものが入り込んだり、取り入れることで常にこの酸化力のある酸素は発生します。

 

女性の場合は紫外線でいうと分かりやすいと思いますが、シミも活性酸素によって作り出されたものになります。

 

紫外線を避けることでシミの予防になりますが、ストレスやその他のことも避けることで、この酸素を抑えることができるので予防になるということです。

 

体質的な問題もあって花粉症のように免疫が過剰に反応するようなことも原因になります。

 

女性の場合は女性ホルモンの影響が大きいともいえます。

 

ホルモンはこの酸化力のある酸素を消すことができるものになるからです。

 

女性の場合はそのホルモンの変動が激しく、そのような影響で体の臭いが強くなることがあります。

 

原因がたくさんあることになりますが、改善方法としてはこの酸化力のある酸素を消すことが最大の対処方法になります。

 

唯一対抗できるのが抗酸化物質になりますので、抗酸化が多い果物や野菜などを中心にした食生活でバランスの取れたないようが好ましいといえます。

 

臭いが強い体臭のほとんどは、このようなことが原因か体内に隠されていることがほとんどになります。

 

そのためイマイチ原因がハッキリとつかみづらく、どのような対処をしていいのか、悩まされることになるケースが多いと言えます。

 

体をキレイにしたりデオドランド商品で改善されない体臭だからです。

 

 

おすすめ

 

女性の体臭原因

女性の体臭対策

女性の体臭サプリメント

トップページ

スポンサードリンク


関連ページ

30代女性の体臭で表面と体内の臭い原因について
30代女性の体臭で表面と体内の臭い原因についてです。体の臭いは外と中に分けることができます。この違いは大きく対策のしかたも変わることになります。雑菌によるものと体内ですでに作られている臭いと分かれます。どのよう原因があるのかお伝えします。
体臭はストレスで悪化させる?女性30代の臭い原因について
体臭はストレスで悪化させる?女性30代の臭い原因について。体からの臭いはストレスでも強くさせることがあります。この場合は体を清潔にしても改善されないことが多く、またその理由があります。その原因と改善方法についてお伝えしています。
体臭が脂臭い女性30代の臭い原因と改善方法とは
体臭が脂臭い女性30代の臭い原因と改善方法とは。体臭から脂の臭いがするのはジアセチルとういものが原因です。加齢臭と似たようなところもありますが微妙に違うのがこの臭いの特徴です。どのような原因と改善方法があるのかお伝えしています。
30代女性の体臭で食生活から体の臭いが強くなる原因は?
30代女性の体臭で食生活から体の臭いが強くなる原因は?についてです。食生活のバランスが悪いと体臭は強くなりますが代謝というものが低下して臭いになるものが多く溜め込むことになるからで、それに運動不足などが重なることで臭いを悪化させていきます。
30代女性の体臭でアンモニアの臭いを感じる原因を教えて
30代女性の体臭でアンモニアの臭いを感じる原因を教えて!とのことでアンモニア臭がする臭い原因についてです。原因は2つあって疲労と腸内環境の影響です。このどちらかが原因になってアンモニアのような体臭を感じると思います。その原因の詳細について。
30代女性の体臭はホルモンが原因になることがある
30代女性の体臭はホルモンが原因になることがある!についてです。女性の体臭の原因の1つで女性ホルモンが原因になることがあります。体臭はほとんどが酸化からきていますがその酸化を取り除くのが女性ホルモンです。その関係と原因についてお伝えしてます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 口のトラブル 口臭対策 体臭対策